食事で予防対策

ほうれい線に効果が期待される栄養素・食事・サプリメントを紹介

ほうれい線に効果的な栄養素・食材

コラーゲンは、ほうれい線を予防・改善する上でまず一番はじめにあげられる栄養素です。ほうれい線を含め、シワの原因となる大きな原因のひとつが肌の乾燥。保湿作用があり、お肌に潤いを与えてくれるコラーゲンは必須の栄養素となります。そして、体内にあるコラーゲンは年齢とともに徐々に減っていきます。つまり歳を取るほど肌も乾燥しやすい状態になるというわけです。年齢の高い人ほど、このコラーゲンが不足しないよう摂取するようにしましょう。

コラーゲンを多く含む食材には、手羽先、牛スジ、フカヒレ、豚足、ナマコなどがあります。ただお肌にいいからと食べ過ぎるものよくありませんので、適度な量の摂取を心がけてください。

たんぱく質を十分に摂りましょう

たんぱく質もほうれい線予防・対策に不可欠な栄養素です。タンパク質を十分とることにより、お肌の新陳代謝が促進されます。また、たんぱく質が不足してしまうと肌が乾燥しやすくなり、しわ、ほうれい線の原因につながります。良質なたんぱく質を含む食材には、鶏のささみ、豚のヒレ肉、マグロやカツオがありますが、これらは脂肪分も少ないので健康にもよい食材です。

これらのタンパク質を普段の食事で十分に摂るのが難しいときは、プロテインなどを利用するのもいいでしょう。ビタミンCはこまめにビタミンCは、コラーゲンの生成に必要なビタミンで紫外線対策にも有効です。またビタミンCには抗酸化作用があるので、肌の老化防止、美肌効果をもたらしてくれます。

ビタミンCを多く含む食材として、キウイ、イチゴ、アセロラ、レモン、サツマイモ、ブロッコリーなどがあげられます。ビタミンCは水溶性のため、体に蓄えておくことが難しいという特徴があります。一日で一度に大量に摂取するよりも、何回もこまめに補うようにしましょう。

ほうれい線に効果的な食事

ほうれい線を予防改善するため、毎日の食事に気を使いましょう。

  • ビタミンEを多く含む/大豆、ほうれん草、卵黄
  • ビタミンBを多く含む/豚肉、チーズ、レバー、小松菜
  • ビタミンCを多く含む/みかん、ブロッコリー、アスパラガス

などはほうれい線などのシワに効果的な食材なのでこれらの食材を中心にバランスのよい食事を心がけましょう。また、ほうれい線を改善する効果のあるヒアルロン酸やコラーゲンを作るのにはミネラルが欠かせません。

毎日ミネラルをたっぷり含む食事を取っていれば、ほうれい線などのしわができるのを自然に予防することができます。たとえば沖縄に住んでいる女性の方って、紫外線が強いにもかかわらずお肌が綺麗な方が多いですよね?

紫外線は、ほうれい線やシワに大敵なのですが、どうして紫外線の強い地域の方でもお肌が綺麗なのか…それはズバリ沖縄の『食事』に深く関係があります。

「食事でほうれい線予防・対策が出来るの?」と思うかもしれませんが、身体の中から対策を取るのは大切です。もちろん取り過ぎたり偏ったりするのは良くありませんが、一度ご自身の食事を見直されて見ては如何でしょうか?

ほうれい線だけでなく、健康の為にも、バランスの良い食事を摂る事は良い事です。とは言っても、食事だけで改善するのも時間がかかりますから、同時にサプリメントを利用したり、ほうれい線に効果的な化粧品を利用するなどする効果的でしょう。

ほうれい線に効果的なサプリメント

ほうれい線に効果的なサプリメントとして挙げられるものは、

  • 肌の保湿性を維持する/コラーゲン・ヒアルロン酸
  • コラーゲンの生成を促進する/ビタミンC
  • 総合的な肌の健康を保つ/ビタミンB群・ビタミンE

などです。

コラーゲンやヒアルロン酸は有名ですし、実際にサプリメントを利用されている方もいらっしゃるかもしれませんが、コラーゲン生成を促進してくれるビタミンCも、ほうれい線やシワにとって有効です。これらは積極的に取り入れたい所ですが、もちろんサプリメントだけでなく、食事で取り入れるのも良い方法です。

お肌の外側からケアをしても、中々ほうれい線の改善が見られない場合は、サプリメントや食事などで、身体の内側からケアをしてあげましょう。

サプリメントであれば、何時でも何処でも手軽に摂る事が出来るのでおすすめですが、サプリメントだけに頼るのはいけません。マッサージを取り入れたり、保湿をする事も大切です。また、サプリメントの他にも、コラーゲンであれば粉末タイプのものや、ドリンクタイプのものがあるので取り入れやすいですし、鍋の時期にはコラーゲン鍋もいいですよね。

ほうれい線は他のシワと同様、一度できてしまうとそれを解消・改善するのにとても時間がかかってしまいます。できてしまってからの対策にもサプリメントは有効ですが、なるべくならほうれい線ができる前から食生活を含め、しっかりケアをして予防していきましょう。