年代別ほうれい線対処法(10・20代)

10代・20代のほうれい線の予防方法を説明

10代のほうれい線予防対策

ほうれい線は普通、加齢とともに目立ってきます。ですが、中には10代でほうれい線ができてしまった、目立ってきているという方もいるようですね。

10代の人でほうれい線が急にできた、目立ってきたとしたら、真っ先に考えられる原因が「お肌の乾燥」です。お肌が乾燥すると、どんなに若い肌でもシワが出来やすくなってしまいます。もしかしたら、10代なのに肌年齢は50代、などと言われることもあるかもしれません。そこでお肌の乾燥をチェックしてみて、自分に合った化粧水、保湿クリームなどを使ってみてはいかがでしょうか。

化粧品のカウンセリングコーナー等では、無料でお肌の状態を測定してもらえます。また、持ち運びが便利なコンパクトサイズの測定器も販売されているので、気になる方は一度チェックしてみてください。自分が思っている以上にお肌が乾燥しているかもしれませんよ?

まだ10代と若い年齢なので、高級な化粧品でなくてもいいと思います。他にも、表情筋を鍛えるのもおすすめですし、生活習慣を見直すというのもほうれい線対策に繋がります。10代であれば夜更かしをしたり、偏った食事になったりする事も多いと思いますが、これもほうれい線が出来る原因になってしまいます。一度生活習慣を見直すのもいいでしょう。

元々の骨格や体型によっても、10代でほうれい線が目立つような事もあるようですが、出来てしまった・目立ち始めてしまったからと言って諦めず、保湿をしたりマッサージをしたりと、ほうれい線を出来るだけ改善出来るように頑張りましょう。

20代のほうれい線予防対策

20代でほうれい線が目立ち始めたり、気になり始めたりする方は結構多いようです。一般的に20代から目立ちやすいタイプとしては、痩せ型で肌の乾燥しやすい人に多いようです。別の見方として、20代後半になると、肌にとって天然の保湿成分となる細胞間の脂質や、NMF(天然保湿因子)が減ってくるので、コレもほうれい線を含めたシワが目立つ原因となります。

また、10代、20代は遊び盛りの年代ですから、夏は海、冬はスキー、スノボーと紫外線を浴びる機会も多いですよね。さらには日焼けサロンに行って肌を焼く女性も多く、これも太陽光の紫外線を浴びることとなんら変わりありません。

紫外線はほうれい線を含むしわや、たるみ、しみなど肌に悪影響を及ぼします。紫外線を影響を受けないように、海やレジャーに行くのを控えるというのもつまらないですので、そういった場合日焼け止めクリームなどで紫外線を予防したり、日焼けしたらその後の対策をしっかりする必要があります。

また、これは20代に限らないことですが、20代のときにスキンケアをしっかりするかしないかで次の30代になったときのお肌に大きく影響します。

自分のほうれい線の原因がなにかをしっかりと見きわめ、20代のうちから毎日のスキンケアをしっかりと続け、ほうれい線の予防・対策につとめましょう。