年代別ほうれい線対処法(40・50代)

40代・50代のほうれい線の予防方法を説明

40代のほうれい線予防対策

40代になると、一般的にお肌にほうれい線などのシワやたるみが出来始めてきます。ただ、体質の差は別として、スキンケアをしっかりしているかしていないかの差で老けて見える人、年相応に見える人、若々しく見える人の違いができてくることも事実です。

普段の生活習慣はもちろんですが、スキンケアやほうれい線が目立たないメイクアップなど、いろんな方法でほうれい線を目立たなくする、またはこれから先の肌の老化を少しでも遅くする工夫をしましょう。

まずはスキンケアの方法を見直します。保湿効果があるものをはじめ、ほうれい線やシワの改善に効果的な基礎化粧品を取り入れるようにしてください。「ヨクイニン」「ジオウ」「高麗ニンジン」「オウレン」「セイヨウサンザシ」等の『和漢植物エキス』が入っている化粧品は保湿効果が高くオススメです。紫外線を浴びる生活が多い場合はコラーゲンやヒアルロン酸も減少しているので、それらを補うようにしてあげましょう。

年齢的にほうれい線やシワが気になるところでもあるので、基礎化粧品のラインナップも豊富です。どれが効果的なのか悩む所ですが、肌質や合う合ないがあるので、口コミや試供品などを利用して使い心地を試してみるといいでしょう。また、化粧品類だけでなく、マッサージやエクササイズで弛んでしまった筋肉を鍛える事も有効です。

「40代なんだから仕方がない…」「今から何をしても無理」と諦めず、いつまでも若々しいお肌を保てるように、対策をシッカリととっていきましょう。

50代のほうれい線予防対策

50代以降になると、ほうれい線はもちろんですが、シワやシミがとても気になる年代ですよね。目立ってしまったほうれい線をどうやって薄く、目立たないようにするか、シミ・くすみを改善するためにはどうすればいいか…そういった多くの悩みを解消するために、50代以上の方は積極的に顔全体のケアをすることをおススメします。

中には、「今更スキンケアに気を付けても仕方ないでしょ」「ほうれい線やシワ・シミはあるけど別に気にしていない」という方もいらっしゃるでしょう。しかし特に女性の方であれば、いくつになっても若く見られたいですし、「若く見えるね」って言われるとやっぱりうれしいですよね。年齢的に仕方がない、老化現象だと思うよりも、少しでも頑張って若々しいお肌を取り戻してみませんか?

美容整形やプチ整形という方法は、確かに手っ取り早い方法ですが、料金や安全面などに不安を感じる事もあるでしょう。そんな時は、お肌を傷つけないエステ、自分で行うマッサージ・やエクササイズ、スキンケアで肌の若返りを試みましょう。

ほうれい線やシワ、シミなどの対策をしても直ぐに効果が現れるかというとそうではありません。50代の方に限らず、こういったケアの方法は毎日続けることで効果を発揮します。継続していくことが一番大切なので、今まで特にそういったことを気にしてなかった方も、お肌によい毎日のスキンケアを習慣づけていきましょう。

また、体の内側からケアをするのも大切です。50代からは健康にもよりいっそう気を使う年齢でもありますが、同じようにお肌にも気をつけてあげましょう。