ほうれい線ができる原因(顔の骨格・肌質)

骨格の歪みや表情筋の付き方・肌質がほうれい線のできる原因の一つ

骨格の歪みや表情筋の付き方による原因

骨格の歪みや表情筋の付き方もほうれい線の原因となることがあります。この要因は年齢に関係なく、極端な例だと小さな赤ちゃんでもほうれい線が目立つことがあるということです。ほうれい線に関係のない年齢の若い方でも目立ってしまう方は、こういった骨格や筋肉の付き方が原因となっていることも多いようです。

顔の骨格や筋肉の付き方で、生まれつきほうれい線が出やすい人とそうでない人と2つのタイプがあります。具体的な例でいうと、顎が細長い方やタレ目気味の方は一般的にほうれい線ができやすい、目立ちやすいと言われています。骨格を変えるには骨を削ったりする痛々しい治療を想像してしまいますが、そこまでしなくても他の方法でほうれい線を目立たなくさせることはいくらでもできます。

また、顔の骨格以外にも、体型がほうれい線に関係している事があります。痩せ型の方はほうれい線が目立ち易く、ポッチャリ体型の方は目立ち難いとは言われていますが、頬のお肉がぽっちゃりとしていると、年齢を重ねた時に表情筋肉が衰え、逆にほうれい線が目立つという事もあります。

骨格や体型によってほうれい線がどう見えるのか…肌質も関係してくるので一概には言えませんが、ほうれい線と顔の骨格、体型もある程度関係しているという事を理解しておくと、今後の対策に役立つでしょう。こういった原因でほうれい線ができやすい方は、生まれつきだからとあきらめずいろんな方法で解消・改善を試してみてください。

ほうれい線は肌質によっても目立つ原因

肌質によっても、ほうれい線が「目立つ」「目立たない」が出てきます。まず脂性肌の場合ですが、一般的に乾燥肌の方に比べると『老けにくい』と言われています。ほうれい線が目立ちやすくなる原因に、お肌が乾燥してしまう事がありますが、脂性肌だとお肌が乾燥しないので、シワやほうれい線が目立つ事は少なくなります。ですが、脂性肌の方も要注意です。

「皮脂の酸化」に気をつけないと、お肌が紫外線等のダメージを受けやすくなってしまいます。紫外線もほうれい線の原因に繋がるので、「私は乾燥肌じゃないから、シワやほうれい線とは無縁ね」「脂性肌は乾燥肌と違ってほうれい線は目立たないんでしょ?」なんて言う事はありません。

もちろん、乾燥肌の方の場合は、お肌に潤いが無く、カサカサとしている状態になってしまっています。元々乾燥肌の方もいらっしゃいますが、年齢を重ねると共に潤いもなくなってきてしまいます。お肌が乾燥しやすい状態という事は、ほうれい線だけでなくシワも目立ち始めてしまうという事です。

特に、ほうれい線やシワが深く、クッキリとしてしまうのは、お肌の乾燥が深く関係しています。シッカリと保湿・水分補給をし、お肌が乾燥しないように気をつけましょう。自分の肌質に合った対策はもちろんなのですが、自分の年齢に合わせたスキンケアも重要です。若いからと言って対策を怠っていると、後で大変な事になってしまうかもしれません。肌質だからといって諦めず、ほうれい線を作らないようにしましょう。

キッチンカーの製作依頼はこちらから

神根自動車販売は、自社オリジナルのパーツをカスタムしたこだわりのキッチンカーを制作しています。例えば持ち込んだ調理機器のサイズに合わせた調理台をオーダーメイドで制作できたり骨格を特殊に加工できるので、お客さまのニーズに合わせた車両制作が行えますよ。車両のみ・パーツのみの持ち込みもでき、自由にカスタムできるのも魅力の一つとなっています。自社の工場にてオールペイントやコマーシャルフィルムも受け付けています。