ほうれい線ができる原因(生活習慣・ホルモンバランス)

生活習慣や環境・ホルモンのバランスがほうれい線ができる原因の一つ

ほうれい線は生活習慣や環境が大きな原因

ほうれい線にとって、どんな環境・どんな生活習慣が悪影響を与えてしまうのでしょうか?一般的に言われているのは、紫外線や乾燥や不規則な生活(睡眠不足やバランスの悪い食事)ストレスや喫煙…と、上げればキリがありません。

特に最近は毎日忙しく働いている女性の方も多いので、不規則な生活になりがちです。ストレスも溜まりやすいでしょう。紫外線対策も季節を問わずする必要がありますし、冷房や暖房でお肌も乾燥してしまいます。

ほうれい線対策として、シッカリと保湿をしたり、マッサージをしても中々改善出来ない場合、環境や生活習慣を見直す必要があります。逆に、環境や生活習慣を見直すだけで、ほうれい線が目立たなくなった…という話も耳にします。

煙草を吸っている方は、身体は勿論ですが、お肌の為にも禁煙を始めましょう。毎日の食事も見直す必要があります。

「ビタミンC=美白」というイメージがあるかと思いますが、ビタミンCはコラーゲンを作る手助けをする働きがあります。ほうれい線の為だけでなく、美肌の為にもビタミンCを含んでいる食品(柑橘系の果物がおすすめ)を積極的に取るようにして、お肌の弾力を取り戻しましょう。どうしても食事では無理…という方は、サプリメントを利用するのも良いですね。

女性ホルモンのバランスが崩れる事が原因

女性ホルモン(エストロゲン)が減少すると、ほうれい線が目立つ…という事があります。年齢を重ねると、自然と女性ホルモンは減少してしまいますが、女性ホルモンが減少するという事は、コラーゲンも減少してしまうという事になります。特にコラーゲンは肌の弾力を保つためには必要不可欠……これが減少するという事は肌の弾力を失い、ほうれい線やシワが出来やすくなってしまいます。年齢を重ねるとほうれい線が目立ってくるのは、コラーゲンの減少や女性ホルモンの減少が大きく関係している訳です。

さて、コラーゲンの減少ですが、女性ホルモンの他に紫外線も関係しています。しかも紫外線によるコラーゲンの減少は、女性ホルモンによるコラーゲンの減少よりも厄介…なので、ほうれい線対策に「紫外線」は重要になる訳です。

年齢を重ねると女性ホルモンが減少してしまうのは、ある程度仕方のない事です。ですが、だからといって出来てしまったほうれい線やほうれい線予防を諦める事は出来ませんよね?

  • 女性ホルモンの減少
  • コラーゲンの減少
  • お肌の弾力・保湿力の低下
  • ほうれい線やシワ

といった事にならないよう、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするイソフラボンやコラーゲンを積極的に摂るようにするといいでしょう。「食事等で補うのは難しい」「どんな食品を摂れば良いのか分からない」という方は、サプリメントがおすすめです。また、イソフラボンやコラーゲンが含まれている化粧品などで、お肌の外から補ってあげるのもいいですよ。